三菱銀行 荏田出張所

東海銀行の口座を解約した。キャッシュカードには長い間ご苦労さん、と。インターナショナル・カードで過去5年間の仕送りを受け取っていた。まあ同じ銀行に二つ口座あってもしょうがないと言うことで。

で、原点に返る、と言うわけでもないけど、小学校低学年の時に開いた三菱銀行の口座にカムバック。支店番号303「荏田出張所」の通帳を持って行ったら新しい通帳に替えられてしまった。「港北ニュータウン支店」。今はセンター南にあるらしい。あれって「荏田支店」になったんじゃなかったっけか。

どっちかと言うとキャッシュカードの方を替えて欲しかったんだけど。裏の名前に「うか■い■一平」って頑張って書いてあったりとか、右下にさりげなく「TOPPAN 91.7==」なんてあったり。17年の年月なんてそんなもんです。ってかこれ本当にそのまま使えるのかな… 確かめないと現金が。

UFJにはあったインターナショナルカードと通帳無しのステートメント型口座はもう無いらしい。両方ともイギリスでは普通(ってかデフォルト)だったのに。

解約やら、印鑑の変更やら、オンラインバンキングの申込みやら、優遇口座の申込みやら… はっきり言いたい。なぜ名前と住所を一枚一枚客に手書きさせるわけ? イギリスで帰り際に口座変更と住所変更の手続きした時は、係の人が端末で必要事項を入力した申請書を横のプリンタから印刷してた。客は確認してサインするだけ。日本の銀行はお役所的で時代遅れ。

クレジットカードは就職してからじゃないと審査で撥ねられるとか。また行かなきゃならないのね。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: