このごろ

349096473 106  349096473 117
やっと日常生活に復帰しつつあります。

まあ、学業をサボるばかりでは何なので、かわりという訳では無いですが日本語のクラスを週一回自分で教えて、あとJapanese Societyの仕事もいろいろ精力的にこなしてます。日本語のクラスって、やっぱり何やるか決めて準備するのが難しいですね。代理で教えてた時の方が大分楽かな。(それでもやっぱり授業前によく考えてから行かないと授業中に「どうしよう」ってなっちゃうのだけど。)

そろそろ学業の方も追い付かないとヤバいのですが、なかなかまだ腰が入らない。まあ4科目中2科目は75%テストなのでそれは最低でも春休みで75%分は何とかなるのかなあ。プロジェクトで100%のが1科目あって、こっちは最後に三日ぐらい徹夜して追い付かなきゃいけなくなる気がする。まあ、テストより確実性はあるのかもしれないけど。(今やればいいじゃん、てのはその通りなのですが)

後は来年の卒業研究を3月5日までに決めなきゃならない。このまま音声系でもいいのだけど、誰か自動翻訳やってる先生がいたらやってみたい。まあ、実はいるのだけど、CSの人が統計機械翻訳やってるので何となく性格合わなさそう。

ちなみに興味があるのは自動翻訳における文脈依存。日本語と英語って情報の伝え方が違うから、一文ごとに翻訳してもうまくいかないはずなんだけど、今ある翻訳エンジンってその辺あんまり考慮されてなかったりする。だから隣り合った文化圏の言語同士、例えばヨーロッパ内同士とか日韓だとうまくいっても英日とかはぼろぼろだったりする。上は例 (Exciteのやつ)。それ以外にも日本語の「は」と「が」の選択とか、印欧言語の冠詞や代名詞の選択とか、元言語の対応する一文からだけでは直接わからない情報が目的言語の文を生成する時に必要になる事は結構あるわけで、問題はそれをいかにして対訳コーパスから学んで対処するかという事になる。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: