Make Poverty History

G8が迫っている。スコットランドでやるわけだけど、まあそれ自体は一般人にはどうってことはない。しかし、それにあわせて大規模なデモが何件か、しかも、エディンバラで企画されてたりすると話は違う。

で、昨日は一番でかいやつ、Make Poverty History、があったわけだ。公式発表推定20万人だとか。警察の発表でも少なくとも10万は超えていたらしい。デモには参加しなかったけど、イベント会場の公園に行ってみた。人、人、人。3時までの予定だったデモマーチの出発口には3時半だと言うのに長蛇の列。七時ぐらいまでは許可が取ってあるから並ばなくても平気ですよというアナウンスまでしている。どうも予想していたよりも多く人が来た、というのが主催者側のいい分らしい。ま、単位が単位だから仕方ないのだろうか。

(公園の一番平和な一角と第二のステージ)
Quicktime バーチャルリアリティ・ムービー

それにしてもこういう運動の圧力なのかイギリスは今回のG8でアフリカ問題にはずいぶん熱心だ。この間G8の財相会議でアフリカ各国への債務免除を決めたのもこの国が中心っぽい。まあ、カナダの公立高校ではこういう国際問題にかなり深く切り込んだ社会科の教育を受けたけど、イギリスも同じなのかそれとも単に昔ながらの社会主義的体質からなのか。

アメリカは戦争に投資できるくらいの金があるわけでどうってことはないのだろうけど、それ以外の国々は自国の経済が不調な中で本音はいい迷惑。おそらく気分的に一番損しているのは(歴史的な義理が全然ない)日本。ま、どうせ投資するならもう少し投資効果の出るように援助や監視をしなければ、株主責任も果たせないし、こうやって不良債権になって丸損するのは目には見えていたので自業自得か。

もっとも、日本なんか今の借金の大きさを考えたら、単に先進国というブランドでギリギリ破綻せずにリッチに振る舞えているような気もするので、それとアフリカ諸国との差を考えると確かに不公平ではある。でも、だからって何ができるかっていうと、イギリスにしてもカナダにしても具体的な行動に関しては大してリーダーシップを発揮できている様には見えないので、今回は単に、まるで人ごとのように事業の倒産を宣告しているだけ、の様な印象も無くはない。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: