パノラマ写真を作るなら

2008-10-23

知ってる人が見たらなぜ今ごろと思うかも知れませんが、Hugin の バージョン 0.7.0 が先々週ぐらいにリリースされました。

200810221216.jpg

 →ダウンロード

Huginはパノラマ写真作成ソフト。写真をつなぎ合わせて一枚の大きな写真にしてしまう。それもフリーで高性能、どんなレンズでも大丈夫だし、横一列とかでなくても全然平気。古い写真をスキャンしても繋げられるんじゃないかな。へたな有料ソフトよりよっぽど使える。

screenshot20080919_ja.png

それにWindowsでもMacでもLinuxでも、多分BSDやなんかでも動くし、日本語にも対応してる。いい事ずくめ? いやいや、裏があります。多分。名前の読み方が分からないとか。*1

*2

作例は、flickrに1万枚近いhuginで作ったパノラマがあるので、まあ全部とは言いませんが見てみて下さい。

ヘナタワさんが最近クイックスタートな解説を書かれてましたが、最初はこれに沿うような感じで始めるといいですね。アシスタントという便利な機能がありますが、最初からアシスタントを使うとうまくいかなかった場合にどうしていいかわからなくなるかも知れません。少し慣れてきたら投影法がたくさんあって構図によって選べるとか、Autopanoは100ポイントぐらいでかけてからフィルタするときれいに出来るとか、アシスタント機能でそれを自動化できるかもしれないとか、「露出」タブには露出よりもなぜかビネッティング(四隅が暗くなる現象)の修正があって便利とか、色々見えてきます。

もうちょっと本格的に遊ぼうと思ったら、一眼レフやコンデジ上位機種についている自動露出ブラケッティングを使うと自動露出合成(要はハイダイナミックレンジ合成)を掛けたり、EXR形式でHDR画像を保存してPhotoshopやPhotomatix、フリーならQtpfsgui(「キューティーピーエフエスグーイ…?」)でいじったり出来ます。(→作例

もう一度:そこまで出来て、フリーです。*3 →ダウンロード

んで、冒頭の話ですが、今週になってWindows用のインストーラが公開されたので、というかそれまでここに書くのを待っていたのです。

*1(実は間違えて読んで広めたのは僕なんですけどね。作者と会ったときの発音は「ホゥーギン」(hが奥)に近かったと思います。そんなの英語じゃないって方は、まあ確かに英語じゃないんですが、イギリス人の参加者はがんばっても発音が「ヒューギン」に近くなってました。たぶんフランス人だと「ウーギン」とか「ユーギン」になりそうな… 結論:日本語では「フーギン」とかでいいんじゃない?)

*2(本当の裏は自動的に貼り合せ方を決めるコントロールポイント自動検出ソフトが使い方によって特許権侵害になる、というか誰もあなたのために確かめてあげませんから自己責任で、という形で配布されていると言うこと。アメリカの特許技術の日本での使用?趣味なら大丈夫そうだけど営利目的は駄目そう、な気がするだけなので自己責任で判断を。)

*3(日本語対応とか、Mac版とか、色々大変なんですよ。ってなわけできふはこちらから…じゃなくてもよかったら今度一杯おごって下さいね。)

Advertisements

就活終了 (No.2)

2008-10-23

実は決まったのは随分前なのだけど、11月1日入社で東京の某ベンチャーさんです。

DSCF0090.JPG

英語が活かせないけどまあそれはそれ。


都電と焼きそば

2008-10-23

Back log? まあそんなとこです。10月2日のこと。ヘビーブロガーならぬへびーMixi-er (?)のS氏と都電に乗って友だちの家行って三者三様の焼きそばつくって食べましたよ、というお話。

DSCF0067.JPG DSCF0070.JPG

ちなみにS氏とどっか行くと、必ず食べる前に撮る。このあいだ喫茶店行ったときなんぞ、話を聞き半分携帯いじってたから「忙しそうだなあ」と思ってたけど、家に帰ったらもうMixiにコーヒーの写真が載っていた。ちと(-_-メ)。


Visitor

2008-10-23

Earlier this month, I had a friend from Edinburgh visiting Japan so took him to a tour around in Tokyo. Starting with Harajuku tour by Kat, quick walk in Akihabara, night view of Tokyo Bay from Yurikamome Line, and then Izakaya experience. Here are some pictures.

DSCF0081.JPG

DSCF0082.JPG DSCF0080.JPG

DSCF0083.JPG


U40よ、永遠なれ

2008-10-23

愛用のU40という名機を4年以上修理までして使ってきたのだけど、壊れてしまった。こんなのばかり写る。

DSC09659.JPG

前は液晶の故障で、何を撮っているか見えなくても撮った写真が大丈夫だったけど、今回はCCDか。

いい代替機がない。


My father on BBC

2008-09-29

Evidently my father appeared on a regional BBC News, in footage taken while he was visiting his fellow researcher in Birmingham. He has just forwarded me the URL on BBC website. Let’s take a look…

Revolutionary ‘bionic’ lens

200809292258.jpg

Yes, that’s him… acting a patient and getting his eyes checked presumably by his colleague. He even gets quite a few close ups… or rather say his eyes are close up. Anyway, an interesting story to watch.


2 offers are better than none

2008-09-26

Indeed, the frustration of having no offer that I like was worse. Still, having 2 very good offers and having to choose so soon is something else.

I have a meeting on Wednesday next week to discuss the details of one of the offers. Yes, it is unusual to have any discussion at all for new graduate position, but to my amazement they want to hire me not as a new graduate. Well, that’s at least they told me yesterday.

The other offer has already arrived in writing (if you count PDF as writing) today, so I had to ask them to wait till Wednesday for my reply despite the fact I had told them that I would most definitely accept it having never imagined a Japanese new graduate position turns into something else. There would have been no point not to accept a very good position starting immediately as 6 months trial contract that I could quit before April if I’d ever got a better new graduate job.

Well, I’ll have to see how it goes on Wednesday.